海外用の携帯電話やWi-Fiルーターを便利に使おう

海外用の携帯電話やWi-Fiルーターを便利に使おう

海外旅行に出る際、以前は海外用の携帯電話だけを持って出かけていました。
海外用の携帯電話に、旅先の国のSIMカードをセットして使用しますが、この方法だと海外での電話通信料を非常に安く抑えることができます。
 
意外に海外にはたくさんのSIMがあり、1週間以内データ定額等のツーリストに適したSIMカードも見かけます。
私の場合はは海外滞在国での国内通話とデータ通信が主だったのですが、滞在中に海外から日本へ多くダイヤルする方や、
日本からの電話を多く受ける方は、また違う通信手段が必要かと思います。
 
データ通信が中心で通話はほぼしないという方には、海外用のWi-Fiルーターレンタルがおすすめです。
 

海外出張で使うなら

国際ローミング
海外出張の際は、会社から電話を持たされる場合もあるかもしれませんが、多くのビジネスマンが、自身の携帯電話を国際ローミングで使用しているようです。少しうらやましい部分もありますが、実はそう言ってもいられません。
 
国際ローミングの場合は、たとえば滞在国の商談相手からの着信、そして商談相手への電話、両方とも国際電話になってしまいます。
自分が国際電話をかけなければいけないのであれば納得できますが、やはり現地の顧客に海外通話料を払わせるのは、ビジネスマナーとしていただけません。
立派な最先端テクノロジー満載のスマートフォンは必要ありません。
シンプルベーシックな端末を、海外顧客との連絡用に1台用意しておくだけで解決できます。
 
国際ローミングも同時に利用するのであれば、日本からの着信はローミング中の電話で受け、出張先の顧客からの連絡は海外携帯の方で受ける、
といった使い分けをすることもできます。
 
国際ローミングではパケ死に注意
ただ、ローミング利用で気をつけなければいけないことが、海外でのパケット通信費です。
よく「パケ死」という言葉を聞きますが、海外での「パケ死」はかなり高額になることがありますので、細心の注意が必要です。
必ず「海外パケット定額」など、通信キャリアが提供している定額サービスが適用されるかどうかを、出国前に必ずチェックしておくことが必要です。
特に申込みをしなくても、海外でパケット通信を利用すると、自動的に定額サービスが適用される場合もあります。
詳しくはご利用の通信キャリアへお問い合わせください。
 
電話が安いなら、通信費も?海外パケット通信も旅先のSIMカードで
滞在国でインターネットをするなら、やはり滞在国のデータ通信パッケージの付いたSIMカードがお得なのです。
SIMカードは空港などにある、現地キャリアの窓口で簡単に手に入れることができます。
窓口では通常、旅行者の日程(短期or長期)、使い方(データ通信メインなど)に合ったSIMカードを紹介してくれます。
また、窓口でSIMカードを購入する場合は、スタッフが端末の設定もしてくれるのでおすすめです。


 
中国・スマホ購入

oppo(オッポ)スマホ購入・日本

vivoスマホ購入・日本

日本でも使えるガラケー

Simを日本で購入

meizu スマホ

cat スマホ

海外 honor 購入

xiaomi(スマホ・タブレット)

海外用Wi-Fiルーターレンタルはこちら